住まいのトラブル発生!どこに相談すればいい?


誰にでも起こりうる!住まいのトラブル

住まいに関するトラブルには、大小さまざまなものがあります。持ち家でも賃貸でも、家に住んでいる以上、トラブルに無関係ということはありません。まず、契約内容に関するトラブルがあります。たとえば、建付が悪かったり、入居前に事件・事故があったのにもかかわらずこれを知らされなかったりするなどです。また、契約内容について問題がなくても、騒音など近隣の住人による迷惑行為からトラブルに発展するケースもあります。いざという時にどこに相談すればよいかあらかじめ知っておくと安心です。

もしトラブルが起きた場合はどうすればいい?

実際にトラブルが発生した場合、それが契約内容に関することであれば、契約書を確認しましょう。また、近隣とのトラブルの場合は、記録をしっかりとっておくと役立ちます。近隣住民との会話の内容の他に、時系列で問題の発生が分かるよう記録しておくとよいでしょう。それをもとに、まずは契約している管理会社や不動産屋に相談します。もし、それでも解決しない、そもそも管理会社や不動産屋とのトラブルであるという場合には、消費生活センターや国民生活センターなどの各種相談窓口に相談しましょう。

無料相談のある弁護士に相談してみよう!

住まいのトラブルについて専門家に相談したいという場合は、弁護士に相談してみましょう。弁護士というと、高額なイメージがあり相談しにくいという人もいるかもしれません。ですが、最初の相談だけならば無料としている弁護士も多いです。また、弁護士に相談したからといって、必ず事件として受任してもらわなければならないということはありません。無料相談を受け付けている弁護士は、事務所のホームページにその旨記載していることが多いので、まずはネットで検索してみるとよいでしょう。

日常生活のなかでは一寸したトラブルに巻き込まれることがあります。ミカタはトラブル時に泣き寝入りしないための弁護士保険です。