どうやって選ぶ?決済代行業者に迷った際の選び方


今すぐ導入するか将来的に導入するか

決済代行と一口に言っても、様々な方法があります。そのそれぞれに特徴があり、メリット・デメリットも異なるので、選び方としては、現在すぐに必要となるのか、将来的に導入したいのかといった視点で選ぶということが必要です。運営を始めたばかりの状況なので、すぐに導入したい決済代行の方法があるのか、あるいは運営が順調になってから導入したいものがあるのか、その決済代行が普及しているのかといったことを考えて選ぶことが必要となります。

決済代行以外のサービス

決済代行サービスは、加盟店とカード会社の間に入り多種の決済を一括の契約とシステムで導入できますが、それ以外にも様々な付帯サービスがついている場合があります。複数の処理を一気に引き受けて決済記録をまとめてくれるサービスや決済ごとに番号を振って検索しやすくするサービスなど、使いやすい付帯サービスがあることを基準で選ぶと便利です。

どれだけの費用がいつかかるのか

決済代行の方法によっては、初期費用が高くつくものと運用のための月額費用が高くつくものとに分かれます。それぞれのシステムにメリット・デメリットがあり、価格もそれぞれ異なるので、いつどれだけの費用を掛けることが最もメリットが高いかを考えて選ぶことが重要となります。

その業者が信用できるか

決済代行業者が倒産したりサービスが滞ったりすると、様々な問題が生じます。売上金が未払いとなったり、顧客が離れていったり、あるいはサービスを導入した費用が無駄になることでしょう。このような事態に陥らないために、安心して資金を預けることができるサービス業者を選ぶことが重要です。

決済代行とは、クレジットカード会社と、ネットショップなどを経営する事業者とを仲介し、さまざまな決済手段を提供したり、システム管理などを行うサービスのことです。