安定した経営のためにはファクタリングを利用しよう


ファクタリングで売掛金を早期に回収できる

ファクタリングとはクライアントの売掛金が自社に入金される前にファクタリング会社に売掛金を譲渡し、資金を得るものです。クライアントで発生した売掛金が現金化されるのに数か月かかって、下請けへの支払いや給料の支払いが難しいなどといった場合、その売掛金を早期に現金化できれば、企業の資金繰りが大変に助かります。ファクタリング会社から資金を得る流れとしては、クライアントにおいて売掛債権が発生したら、それをファクタリング会社に譲渡します。するとファクタリング会社は手数料を引いた金額を自社に入金します。そしてクライアントが支払期日にファクタリング会社に入金するというものです。ファクタリング会社から自社への入金は2日から3日ぐらいで完了するので、資金繰りに時間がない時は大変に便利です。

2社間ファクタリング・3社間ファクタリングとは?

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類があり、3社間ファクタリングのほうが手数料が安くなっています。2社間ファクタリングはクライアントを挟まずに取引をするもので、クライアントから自社に売掛金が振り込まれたら、それをそのままファクタリング会社に送金します。一方、3社間ファクタリングはクライアントがファクタリング会社に売掛金を送金します。2社間ファクタリングのほうが手数料が高くなりますが、ファクタリング会社からの入金が早く、手続きも簡単なので急いでいる場合は適切でしょう。銀行で融資を受けようと思うと、審査に時間がかかり資金繰りに間に合わない、審査が厳しくて融資が受けられないといったリスクがありますが、ファクタリングの場合は厳しい審査がないため、手軽に資金調達ができる方法と言えます。

ファクタリングは手形の額面が同じでも業者によって手数料が異なります。一般的に手数料が高い所は現金化までの日数が短いことが多いので、状況に応じて業者を使い分けるのが賢い方法です。