好きな物しか描けない人は不向き!?イラストの仕事


早いうちに身に付けたいオリジナリティ

絵を描くことが大好きで暇さえあればイラストを描いている人であれば、プロのイラストレーターとして収入を得る道に一度は関心を持つことでしょう。人気漫画やアニメのキャラクターをそっくりに描いて周囲の人々から絶賛され、その気になってプロの世界を目指す勢いも大事で、描いたイラストを生き生きと輝かせるパワーの源になります。

現在は二次創作と呼ばれる分野でも収入につながるイラストの需要が少なくないことから、他者が生み出したキャラクターや作風に則って、そこに自分なりのテイストを加えたイラストでプロへの道を切り拓く手もあります。とはいえ、イラストレーターという職業を長く続けて行きたい場合、早いうちに自分にしか描けない個性豊かなオリジナル作品を多数生み出せるようにしておくほうが得策です。

早めに無くそう!描けない物

イラストレーターを職業として長く続けて行く上では、多くの人に愛される魅力的な絵柄であることに加え、クライアントが要求するイラストを完ぺきに仕上げる力も必要になってきます。一口にイラストの仕事といっても、SNSのスタンプに使うキャラクターイラストからマニュアルに掲載するような正確でわかりやすいイラストなど様々にありますが、いずれの場合も仕事である以上クライアントの要望通りに仕上げなくてはなりません。

大好きなキャラクターの顔や決めポーズを魅力的に描くことはできても、特殊なアングルや変わった動作の人物が描けなかったり、街並みや乗り物などがそれらしく描けないようでは多様な仕事を引き受けることができません。描けない物がある場合は早めに克服して、クライアントが望むイラストを自由自在に描き上げる技量を身に付けておきたいものです。

自宅近辺にイラスト講座に通う場所がないといった場合、通信制の講座があります。アミューズメントメディア総合学院のアニメーション学科は非常に高い就職率です。