高校受験のために中学2年から学習塾に通う理由とは?


入試問題は中学2年の単元から多く出題されている

「高校受験のための学習塾は、中学3年生になってから通い始めれば良い」という考えを持っている中学生は多いです。もちろん、それで合格を勝ち取る生徒もいますが、その一方で、受験直前時期になって「中学2年生のうちから塾に通っておけばよかった」と後悔するケースもあります。ではなぜ、そのような後悔が生まれるのでしょうか。それは、中学2年で学習することが、高校受験において非常に大きなウェイトを占めているからです。たとえば英語では、入試問題に出題される主要単元のうち約半数が中学2年の単元です。つまり、高校受験で成功できるかどうかは、中学2年の授業内容を定着させられるかどうかが左右しているといえます。

学習塾が果たしている役割

中学2年になって、勉強に対する悩みを抱く生徒は少なくありません。その悩みのなかで最も多いのが、「どこがわからないのかが、わからない…」というものです。中学2年のカリキュラムは、中学1年と比べると単元数が多く、授業スピードも速いため、「自分がどこまで理解しているのか?」「自分はどこでつまずいているのか?」が把握できなくなってしまう傾向があります。もちろん、そのままではいけないことを生徒自身も理解しているのですが、中学生の段階では自己分析に慣れていないため、改善することが困難なのです。近年は、それをカバーするのが、学習塾の役割になっています。生徒一人ひとりの学習度合いを分析して、高校受験に向けて何をどうすれば良いかを個別にアドバイスできるのが、学習塾の強みなのです。

各々の個性や能力を重視した指導を指します。その多くは個別指導塾として、小学生から高校生まで幅広く利用されています。マンツーマンまたは1対1の指導のため、個々に合った学習方法で学力を身に付けられます。