心理学ってどうやって学んだらいいの?今日からできる勉強法も伝授!


心理学ってどんな学問?

心理学とは、ある現象に対して人がどのように行動するのかや、どのように反応をするのかを科学的に研究する学問です。一言で言えば、「人の心の動き」を研究する学問です。人間関係の悩みを抱える人が多い現代では、心理学は重要な学問の一つになっています。「心理学」といっても様々な種類があります。大きく分ければ、「基礎心理学」「応用心理学」の二つに分けられます。「基礎心理学」は、人間の心理の一般法則を研究します。「応用心理学」では、基礎心理学をもとに生活上の問題の解決や改善を行っていきます。

心理学の勉強方法とは?

一般的に考えられている方法は、心理学を専門とする学部の大学に通う方法です。しかし、大学に通わなくても独学である程度の知識を身に着けることは可能です。書店では様々な専門書が出ているので、それらの本を使って勉強していく方法も考えられます。今すぐ心理学を学びたい!という人や気軽に学びたい人には本による勉強がおすすめです。より高度な統計やカウンセリングの実践を学びたいのであれば独学では難しいので学校に通って勉強する必要があります。

心理学が学べる大学とは?

では、心理学を大学で学ぶ場合、どのような大学を選べばよいのでしょうか?「心理学部」だけでなく、「人間関係学部」や「教育学部」、「文学部心理学科専攻」などでも学ぶことができます。心理学の分野は幅広く、分野によって研究内容が異なるため、希望の分野が学べるかしっかり確認した上で学部や大学を選ぶ必要があります。

心理学を学べる大学を探すにはそれぞれの大学にどのような研究をしている教授がいるか調べることが大切になってきます。心理学の大学は全国で多くあるため慎重に探してください。