ビットコインの使い方、買い物の支払いから投資目的まで


ビットコインの使い方・投資目的

ビットコインを購入する人の大半が投資目的だと言われています。2009年に開発されたビットコインは、2015年から2016年にかけて1コイン辺り500ドルの価値でしたが、2017年には6000ドルにまで値上がりしました。その後、2018年にはコインチェック事件や世界で仮想通貨が規制される動きがあり価値が下がりましたが、現在もビットコインの将来性を見据えて投資目的で購入する人は増えています。日本では仮想通貨の規制よりも推進の動きが出ていますので、これからも将来性が大いに期待されています。

ビットコインの使い方・買い物

ビットコインは代金の支払いとして使用されることができ、すでに様々な店舗で決済できるようになりました。使用方法は、スマホのアプリのウォレットに入っているビットコインを使って簡単に決済することができます。最近ではビットコインを利用して公共料金の支払いもできるようになってきましたので、ますますビットコインの使い道の幅が広がっていると言えます。

ビットコインの使い方・送金目的

ビットコインの使い方として送金目的で使用することができます。インターネット上のウォレットやアプリのウォレットを利用して、相手のウォレットにダイレクトに送金することができますので、ほぼリアルタイムで送金することができるのがメリットと言えます。また、海外に送金する場合でも手数料が安いため、普通の銀行から送金するよりも時間もお金もかけずに送金することができます。また、セキュリティが強いため、安心して送金することができるのもメリットの一つと言えます。

ビットコイン取引所の比較のポイントは、手数料、スマホ対応とアプリの有無、セキュリティー、取り扱いしている仮想通貨を比べてみると良いでしょう。